自然派化粧品の歴史とは

化粧品は今の時代の最近から始まったわけではなく昔から存在していますよね。

昔の歴史の本などを見ても分かるかと思いますが化粧をしていますよね。

そんな昔の時代には化学物質から化粧品などを作るなんて技術はあると思えないですよね。

そんな昔はどのようにして化粧品を作っていたのでしょうか。

昔は植物の花びらや果実や種などを使用したり蜂蜜やオリーブなども使われていたそうです。

そして化粧水には今でも使われているヘチマが使われていたり、果実からとった蒸留水などを使っていたそうです。

それこそ正真正銘の自然派化粧品と言えますね。

昔は農薬や殺虫剤なども使われていないので自然100%な自然派化粧品でありとても安全そうで肌にも良さそうですね。

昔の時代なので作る道具なども簡単に作れる物ではなかったのではないのでしょうか。

化粧品をつくるのにも現代のつくり方とは違いとても大変な作業をしていたのではないのかなと思います。

それでも作っていた昔の人々はすごいですよね。

今の時代では考えられないですよね。

昔の時代には化学物質を使って化粧品を作るなんて技術はなく自然派化粧品が使われていました。

農薬なども一切使っていない植物などを使い化粧品を作っていたそうです。

とても自然な化粧品ですよね。

昔は自然派化粧品が使われていたのにどのようにして添加物や化学物質が多く入った今の化粧品が作られるようになったのでしょうか。

化粧品も食べ物と同じで自然な物ばかりで作られた物は添加物の入った物より早く悪くなりやすいです。

そのため化粧品が一般に流通し始めるようになり長く保存が効くように添加物や化学物質などを使って作られるようになりました。

添加物や化学物質を使うと保存期間が長くなるだけでなく他にも良い効果があります。

それは効き目が早く現れたり、より効果のある化粧品を作ることが出来るのです。

そのため自然派化粧品ばかりでなく添加物も使われるようになったのですね。

しかし最近ではアトピーや肌の弱い方が増えまた自然派化粧品が出てきたのではないかと思います。

どちらの化粧品が良いかは人それぞれのこだわる点で変わってきますね。

この投稿へのコメントの RSS フィード。


現在、コメントフォームは閉鎖中です。